事前準備・シミュレーションをしっかりしておくことが大事

トップページ
お気に入りに追加
  

事前準備・シミュレーションをしっかりしておくことが大事

翌月に引越しとなれば、その準備は急がないといけません。

まずは何といっても、引越し業者の確定です。インターネットでも電話でも構わないので2社から3社は見積もりをとりましょう。

実際に部屋を見てもらえば、どの程度の荷物になり費用を見積もってくれます。

 

次に気になるのは行政手続きもろもろです。

 

電気、ガス、水道、通信それぞれに、現契約をストップするもしくは同じ域内であれば住所変更だけで済むかもしれません。

平日の午前中早い時間であれば、電話でも問いあわせが通じやすいので早めに行いましょう。

特に現契約について引越し後の手続きとなれば面倒なので早めに行うことをお勧めします。

 

どんなサービスもインターネットでの申し込み、または書類1枚で手続きを終えることは可能です。

 

そうこうしているうちに引越し業者が決まったら、粗大ごみなど捨ててしまうものを決めてしまいましょう。

無料の引取りに期待するのか、リサイクル券で処理するのか考えるのも早めの方がよいでしょう。

 

同時進行で引越し先の準備も必要です。

初日から気になるのは公共料金のスタート時期、契約です。

 

住民票などは最悪初日に行く必要もありませんが住んでいる以上、電気、ガスなどはどうしても必要ですから。

細かいですがカーテン、お風呂の準備一式なども必要でしょう。

 

生活するに当たってなくてはならないものですから。

引越し当日はきちんと荷物を送り出し、きれいに掃除して不動産屋さんに立会いをしてもらって、きちんと立ち去ることを考えましょう。

 

後々のトラブルにならないようにしておくことも重要なところだと思います。